山本精神分析オフィストップページ>分析の流れ

神経症と思われる方

当オフィスでの心理療法は次の様な治療法を用いています。
神経症的な問題や症状の消滅、性格の改善等で、健康な日常生活を送りたいと希望して来られたクライアントさんと、当オフィスのカウンセラーとの間で週1回、50〜60分間の決められた日時、料金のもとで、クライアントさんが苦しんでいる症状が今まで歩んでこられた人生を通じて、どのような時期に、どのような状態で発症されたのか、あるいは、どのようにして性格が形成されて来たのかを、クライアントさんとカウンセラーの協力のもとで、その症状なり、性格なりの因果関係を解き明かしていくという両者の共同作業です。

その折、クライアントさんがそのカウンセリングの場で自由に思いついた事、感じた事を述べることでそれを聞いているカウンセラーがクライアントさんの言っていることで、クライアントさん自身、自分の言っていることで気づいていない、或いは不充分なところを、カウンセラーが聞き広げその言った事の中味を深め、(患者の無意識な部分を意識化する)問題のある重要なところをクライアントさんとカウンセラー間でまとめて、互いに確認し、更に繰り返し再確認をしていく作業を行っていきます。
その場合、確認した事が心からの感情に伴った、その因果関係を感じとることで、クライアントさんの症状の消滅、性格の改善等を促し、治癒していくという作業をもって推し進めていくというのが当オフィスでの心理療法の流れです。

是非一度、当オフィスにご相談ください。


お問合せメールフォーム

Copyright (C) 2007 YAMAMOTO INSTITUTE OF PSYCHO-ANALYSIS. All rights reserved.